コンテンツ

運営者情報

小川楽器製造株式会社
〒720-0031
広島県福山市三吉町3丁目2−8
TEL.084-924-1150
FAX.084-922-0119
ogawagakki@trad.ocn.ne.jp

伝統工芸・福山琴と三味線

福山琴

福山琴の歴史

福山琴制作の歴史は、元和5年(1619年)に水野勝成が福山城を築いた頃に始まります。江戸の城下町では、芸事が盛んで、福山でも歴代藩主の奨励もあって歌謡、音曲が盛んに行われ、幕末から明治にかけては、秀れた琴の演奏家も生まれた。こういった背景から福山では需要が多く、琴作りが盛んに行われました。
見事な職人技術と音色の良さにより、今では、高級琴の代表として知られています。琴の等級を決める上で一番重要な基準は、甲の木目の複雑さで、複雑なものほど音色が良いとされます。また、琴に華麗で繊細な美しさを添えているのが竜舌や磯の部分に施されている蒔絵です。

福山琴の特徴

最高級の桐乾燥材を使用し、精巧な細工が施される等、手作りの良さが随所にあふれています。優れた音色、甲の木目の美しさ、装飾の華麗さは、経験豊かな琴職人の手作り技術によって生まれています。

福山琴の作り方

原木の桐選びから始まる琴の製作工程は、桐材の乾燥までに約1年。その後、甲のえぐり、彫り、焼き、磨きへと続き、装飾工程の飾り付け、蒔絵、そして、仕上げの金具付け、調整となります。この工程のほとんどが、熟練した琴職人の手作業で丹念に仕上げられます。
小川楽器では社長自ら桐の原木を熟練した目で仕入、琴となるまでの工程をすべて自社にて、経験をつみかさねた職人の手によって行っております。

福山琴福山琴福山琴 工程1【乾燥工程】

製材工程で製材した材料を、屋外の乾燥場で「野ざらし」という天然乾燥で行われます。乾燥期間は、1年〜3年を要し、数回の梅雨を経験させることが必要です。長期間、放置することで桐材に含まれる「アク」を除いて、木を枯らせることによって、寸法を安定させる働きがあります。こうして、木の狂いやそりを取り除きます。この後、さらに人工乾燥が行われます。

工程2【甲造工程】

刳り、彫り、板付け、焼き、磨きの各工程に分けられます。刳りは倣(なら)い機能を持った鉋盤で荒削りを行います。取り付ける部品の加工が大体終わると、甲の内部に彫刻を施す彫りの作業です。この彫りは、等級に応じて簾目(すだれめ)、綾杉(あやすぎ)、子持ち綾杉などの模様が施されていきます。ノミで丁寧に彫っていく細かい作業です。次に、板付けは共鳴層となる裏板の加工と取り付け作業。こうして木地の加工が完了したら、続いて、焼き作業に進んでいきます。焼きは、灼熱に焼いたこてで表面を焼いていきます。この作業は、琴独特の色彩を醸し出していくものです。磨きは、焼きの作業で生じた炭化物を除去することと、独特の光沢を出すために行う作業です。

工程3【装飾工程】

装飾工程は飾り付け作業で総称されるが、装飾部品の数が多く、しかも複雑であったり、微細な加工が求められるため、琴作りの中でも最も時間を必要とする工程である。
四分六(しぶろく)・竜角(りゅうかく)・柏葉(かしわば)・竜舌(りゅうぜつ)・丸型(まるがた)・前脚(まえあし)・後脚(あとあし)・柱(じ)が主な装飾部品であるが、象嵌(ぞうがん)・蒔絵(まきえ)・寄木(よせき)等の伝統的装飾技法を駆使しながら、みごとな琴を作り上げていく。

工程4【仕上げ工程】

金具を取り付け、琴のレベル調整を行い、前脚の着脱の調整をおこないます。楽器としての完成度を確かめながら検査を行い、梱包されて出荷されます。こうして福山琴は完成するのです。

福山琴福山琴福山琴

三味線の製造工程の中で皮張りがあります。三味線の皮を湿らせ、「胴」の上に湿らせた皮を限界まで引っ張ります。三味線の音は、この皮張りで決まります。皮張りについて小川の三味線は、『機械張り』と『手張り』の二つの手法を取り入れてお客さま満足される三味線づくりに努めています。
さわり・棹といった部位も非常に多くの工程があり職人の技によって、洗練された音になっていきます。三味線製造のすべての工程を説明することは出来ませんが、ひとつひとつの工程で三味線が非常に繊細な作業工程で完成した三味線はまさに職人の集大成となっています。