コンテンツ

運営者情報

小川楽器製造株式会社
〒720-0031
広島県福山市三吉町3丁目2−8
TEL.084-924-1150
FAX.084-922-0119
ogawagakki@trad.ocn.ne.jp

Q&A

小川楽器製造に寄せられるよくあるご質問をまとまめした!
こちらのリストに載っていないご質問、お問い合わせなどがございましたら【お問合せページ】より、お気軽にご連絡ください。
お琴の表面に柱を倒してしまい穴があいてしまいました。

表面の穴は長年の使用によりあてキズ、柱のあと、柱ずれ 柱を倒した穴などいろいろいろ破損します。大きなキズの場合埋木という技法をつかい、キズの部分をとりはらい新しい木を埋め込みます。小さなキズの場合コクソという桐の粉とノリを混ぜたものをそのキズの上にのせ乾燥させて再び焼きゴテで焼きなおしコクソが目立たなくし修理します。
また、甲・磯・ウラ板など表面を少し削って全部を焼き直すこともできます。これは新品に近いものになります。

お琴を倒してしまい角の部分がこわれました。

お琴に関するすべての修理にいえることですが、とれたり、もげてしまった部品はかならずとっておいてください。その部品をつかって修理すれば破損部分はほとんどわからなくなります。

日常のお琴のメンテナンスは?

直射日光に当てない事!色落ちがします。
使い終わりましたら柱をはずし琴袋などに入れて湿気のない場所で保管してください。

お琴の価格はどれくらい?

安いのは練習用や教材用で6万5千円〜です。

17弦の口前が飛んで怪我をした事故がありましたが、小川製は大丈夫でしょうか?

口前が飛ぶということは小川製ではまずないでしょう!
つくりが違いますから自信をもって『安全』といえます。